hirolog

20代医大生のブログ。コード書いています。日々の情報収集のアウトプット。

留学後の英語力を維持するための手軽な方法5選

f:id:hirolog426:20190516151759j:plainこんにちは、ひろぞうです。

 

留学へ行って英語力が上がった人は多いと思います。英語だけを話す環境にいれば嫌でも英語を話す機会に溢れ、英語力もみるみる伸びていきます。

しかし、留学から帰ってきた日本という環境はどうでしょう?

全く英語を話す必要がないまま生活ができてしまうのです。(これは日本の問題点でもあります。)

留学から帰ってから継続的に英語をしないと、英語力はみるみるうちに下がってしまいます。

将来仕事などで使う機会があってもせっかく上がった英語力が落ちてしまっては非常にもったいないですよね。

今回は留学から日本に帰国した後、手軽に継続できる英語力を維持するための方法を紹介していきたいと思います。

 

podcastバイリンガルニュース

このブログでめっちゃ推しています笑

podcastは留学前の勉強でも留学中も、帰国してからも継続して聞いています。

電車での移動中や筋トレ中にも聞くことができ、隙間時間を有効活用できるのでpodcastは非常に重宝しています。

特にバイリンガルニュースは内容が非常に面白い上に、勉強になるので情報収集のツールという意味合いも大きいです。

バイリンガルニュースでマイケルの言っている英語をきちんと聞き取れているかを確認すると英語力が維持できているかの指標にすることもできますね。

 

CNNのニュース記事を読む

習慣として1日に1つはCNNのニュース記事を読むことにしています。

1つじゃ少ないですがやらないよりはマシだと思っています。英語のリーディングは意識しないとなかなかできないのでこちらも情報収集も兼ねて行なっています。

最近ではトランプの話題などで日本でもアメリカについての記事が出ることが多いですが、実際にアメリカのメディアで読んでみると少しニュアンスが異なって書かれていることがあり面白いですよ。

CNNだけでなく、自分はテック系も好きなのでTechCrunchなども読んだりします。

旅行に行きたいときはLonelyPlanetという旅行系のサイトもオススメです。写真が非常に綺麗なので見ているだけで癒されます。

 

気晴らしに洋楽を聞く、洋画を見る

英語と一番身近に感じられるものが洋楽、洋画ではないでしょうか。

自分は洋楽が好きなので、気晴らしに聞いたりしています。特に好きな曲は歌詞を覚えて歌ったりするので自然とリスニングやスピーキングの勉強になっているのかなと。

ただ漠然と聞いているだけだと勉強になりづらいので曲の歌詞や音のつながりなどを意識するとより洋楽を楽しめるのではないかと思います。

洋楽をあまり知らない人はまずはBillboardでランキングを見たりしてどんな曲が今人気なのかをチェックして見ると良いでしょう。

洋画に関しても楽しみながら英語の勉強ができるという意味ではもってこいですね。

すでに字幕なしで見られる人は一つの映画を字幕なしで見るだけでも結構な勉強になりますよね。知らなかった表現は飛ばしちゃわずに逐一調べていると、知っている表現がどんどん蓄積されるので、少し面倒ではありますが習慣にしてしまいましょう!

 

留学で知り合った現地の友達と英語で話す

ぶっちゃけこれが最強だと思います。

留学に行っていない人は英語ネイティブの人とのつながりを持つのが難しいため、月額でお金を支払ってオンライン英会話で英語を話す機会を作っています。

しかし、留学へ一度行った人の大きな強みはすでに英語圏の友達がいることです。

自分の持っている強みを最大限に利用して英語力をキープしていきましょう。最初はいきなりスカイプ等で話すのがためらわれる人もいるかもしれませんが、相手としても海外の友達と電話できるのは嬉しいものです。遠慮せずにどんどん電話しましょう。

自分も週1程度で留学中一番仲の良かった友達と電話をしています。(彼女は普段結構暇しているのでよく電話に付き合ってくれているというのもあるかもしれませんがw)

そんなに英語が上手でなくても、日本に興味がある友達であれば日本語を教えてあげる!などの理由があると定期的に電話ができる口実にもなりやすいと思います。

海外でできた友達との関係はとても貴重ですし、将来また会う機会もあると思います。その時にまた留学中と同じように、またそれ以上に上手になって英語で話せたらとても楽しいと思いませんか?留学した人だけが持つ強みは積極的に利用しましょう。

 

日本で外国人の友人を作る

特に東京にはたくさんの外国人がいます。ヨーロッパから来ている人もいれば、アメリカから来ている人もいます。そのうちの一定数が英語を喋ることができるのです。

日本語を喋れればそれでいいのですが、彼らは喋れないことがほとんどなのでコミュニケーションは大体の場合英語になります。

日本に一人でくる外国人観光客や、長期滞在する人は意外と多いので彼らと友達になることができると、英語を話す環境が自然とできます。

HUBなどに行くと外国人がよく飲んでいたりするので話しかけて見ると面白いと思います。また道で迷っている外国人がいたら積極的に話しかけて見ましょう。

英語を話せる日本人は貴重なのでありがたいと思うし、アメリカだったら知らない人に話しかけるなんて別に日常茶飯事なのでフレンドリーに話してくれたりします。

自分は外国人を見かけたらとりあえず話しかけてみるようにしています。ついでに、この前道に迷っていそうな外国人のモデルに話しかけたら、セルビア人でモデルをしている人でした。(確かに身長180c オーバーだったから納得、、)ZARAとかHAREとかのモデルをしているそうで、その仕事で2ヶ月ほど日本に来ているみたいでした。なぜか友達になって後日、横浜を案内したり飲みに行ったりしました。

英語を話せるとこんな機会もあったりしてなかなか楽しいですw

他にもmeetupなどで外国人と知り合う機会はたくさんあるので、オンライン英会話をやるくらいだったら友達を作ってしまうのが良いではないでしょうか。

 

まとめ

以上が留学帰国後の英語力維持のために、手軽にできること5選になります。

毎日でのちょっとした意識で英語に触れられる機会は圧倒的に増えると思います。

上にも書きましたが、留学で知り合った友達とまた再開した時に以前よりも英語が上手くなっていたら嬉しいですよね。

留学での英語力を維持、もしくはそれ以上に成長できるように努力していきましょう。

それでは、Take it easy.