hirolog

20代医大生のブログ。コード書いています。日々の情報収集のアウトプット。

2ヶ月間本気でやれば多くのことは自信を持てるレベルになる説

こんにちは、ひろぞうです。

 

自分は今、プログラミングを初めから勉強しています。

人間誰しもスタートは一緒。

そこから勉強だったり経験を積み重ねていくわけですが、なかなか結果が出ないとモチベーションも下がりますよね。

自分も色々なことを始めてはすぐにやめてしまったという経験が数え切れないほどあります。

以前ブログを始めてもまったく続かずに投げ出してしまったこともありました。

ただ、しっかり続けて努力できたこともあって。

それらではそれなりのちゃんとした結果を出すことができました。

 

ただ1番難しいのは、やはり継続することだと思います。

特にこの努力をいつまで続ければちゃんと結果が出るのだろうかと不安になって、結局やってもできないじゃんと諦めてしまうパターンが自分の中では多くありました。

 

そこでしっかり継続できたものはどのくらいで結果が出るのかを考えると、自分的には2ヶ月なのではないかと思いました。

 

1ヶ月だと基礎はできてくるけどまだ十分でない。2ヶ月で基礎がしっかり固まって、ある程度の結果とその分野に対する自信を持つことができるのではないかと。

 

ここでいう自信を持つことができて基礎がしっかり固まるというレベルは具体的に言うと、

その分野の4,50%くらいを、広く浅く理解することだと思います。

もちろんその分野の大きさや難しさにも大きく依存するんですけど。

 

それを考えたのが、今年の2月の末にあった医学部四年生で行う、医師国家試験の予備試験とも呼ばれるCBTという試験の時です。

 

勉強をちゃんと始めたのが12月の末でそこからちょうど2ヶ月間、大学と食べる寝る以外の時間はほとんど勉強に使ってました。

 

このレベルで2ヶ月間勉強するとさすがに基礎を大きく理解できるようなりました。

今までほとんど大学での勉強を怠ってきたので、この機会があって本当によかったです笑

 

さて、話を戻します。今までを振り返ってみると、受験での数学や、留学前の英会話などしっかり結果を出せたなと思うものはみっちり2ヶ月はやっていましたし、ちょうどそれくらいのタイミングで、俺できるんじゃんと自信を持つことができていました。

 

ただ、これはあくまで自分の中で仮説でしかないので、これから実際にプログラミングを勉強してみて、どのくらいの期間で俺プログラミングできるよって自信を持って言えるようになるか、自分で実験してみたいと思います。

 

ぶっちゃけ2ヶ月間それだけのことをやるって大変なんですけど、やると決めたのでやってみます。

何かを習得するには短期間でがーっとやるのがベストかなと思うので。

 

2ヶ月だったら、一年と違って途方も無いわけでもないし、気づいたら過ぎちゃってそうなくらいの期間だし、なんとかモチベも保てそうだし、ちょうどいい期間なんじゃないかと。

 

皆さんも何か始めたいことがあったら、2ヶ月間それだけのことをに集中してやり続けてみる、ということを意識してみると面白いと思います〜。

 

では、Take it easy!