hirolog

20代のブログ。趣味は医学、IT、旅行、ナンパ。アメリカ留学経験あり。

RIZAPが買いかどうかを考えてみる

こんにちは、HIROです。

 

最近ニュースで話題のRIZAP瀬戸社長。

昨年まで絶好調だったRIZAPがここに来て株価が最盛期の約1/10です。

 

そうなると多くの人がこう考えるでしょう。

え、これ今が買い時じゃない?w

 

自分もそう浅はかに考えた一人な訳ですが、今回は実際にRIZAPが買いなのかどうかを自分なりに検証して見たいと思います。

 

まずはRIZAPの株価暴落の原因について

なぜRIZAPの株価はここまで落ちてしまったのでしょうか。

株価のチャートを見てみましょう。

f:id:hirolog426:20181121202245p:plain

日本経済新聞より)

昨年末までは絶好調でしたが2017年12月で大暴落を起こしており、1500円→1000円の下げ幅です。

そこから株価は下げ続け、2018年11月20日に260円をつけました。

 

ここまで株価が下落した理由は何か?

それは、当初見込みの159億円の黒字から80億円を超える赤字への下方修正です。

この原因として大規模なM&Aが挙げられます。

ライザップはこのM&Aをひらすら繰り返しており、どんな企業でも買ってくれる印象から、瀬戸社長の元には売りたい企業の情報が多く集まっていたそうです。

 

今までは利益として計上して来た「負ののれん」。

確かに時価総額よりも安く買収することができたとしても、それが実質的な価値を持つことはないのにも関わらず、安く買収できた分を利益として計上してしまっていました。

それが数字上の増益になっていたものの、これ以上は継続することができず事業方針の変更に踏み切ったと思われます。

 

RIZAPグループM&Aで買収した会社は?

今後のRIZAPの動向を考える上で大切になるのが、実際に買収した会社が業績を挙げられるのかどうかです。

そこでこれらの会社について見ていきたいと思います。

主に4つの枠組みに分類できます。

2017年以降に買収した企業にはマーカーをつけることにします。

 

美容健康関連事業

・RIZAP株式会社

ボディメイク事業及び関連事業

健康コーポレーション

化粧品、美容機器及び健康食品販売事業

・MRKホールディングス

ボディメイク関連事業、マタニティ・ベビー関連事業、シェアリング関連事業 グループ入り:2016年07月05日

株式会社ぱど

情報を通じて地域を活性化するメディア発行と配布事業 グループ入り:2017年03月31日

・ジャパンギャルズ

化粧品、美容機器及び健康食品販売事業 グループ入り:2007年01月18日

・ジャパンギャルズSC

美容機器、美容雑貨及び化粧品等の販売 グループ入り:2011年12月28日

・北斗印刷

印刷代行サービス及びマルチメディア広告戦略の提案 グループ入り:2015年07月01日

エス・ワイ・エス

一般商業印刷(カ夕ログ ・チラシ ・パンフレット等)、特殊印刷(エッチング ・フィルム印刷 ・ホログラム・PP/PET等) グループ入り:2017年03月31日

 

・RIZAPイノベーション

自己投資事業分野における新規事業開発

五輪パッキング

電気部品の加工、販売及び各種パッキングの製作販売 グループ入り:2017年8月10日

・健康コミュニケーションズ株式会社

コンタクトサービス(コールセンターの運営・構築・CRMなど)メーリングサービス、ロジスティクスサービス

株式会社ビーアンドディー

サッカー、フットサル、陸上競技、ランニング、バスケットボール、ラグビー、野球用品等、スポーツ用品の販売及び企画 グループ入り:2017年12月28日
ヘアケア・ボディケア・フェイシャルケア商品日用雑貨などの商品企画販売および輸出 グループ入り:2017年12月20日
株式会社ジャパンゲートウェイ

株式会社D&M

サポーターの製造販売 グループ入り:2017年12月28日

株式会社ご馳走屋惣兵衛

宅配弁当および外食店舗の運営 グループ入り:2018年1月30日

株式会社サンケイリビング新聞社

サンケイリビング新聞およびシティリビングの発行とそれに付帯関連する事業 グループ入り:2018年3月30日

アパレル関連事業

・夢展望株式会社

インターネット通信販売、雑貨のOEM及び生産管理 グループ入り:2015年03月31日

株式会社ジーンズメイト

カジュアルウェアや雑貨等を販売する専門店チェーン グループ入り:2017年02月20日

堀田丸正株式会社

和装品、婦人服等の卸売販売及び意匠撚糸製造卸売販売 グループ入り:2017年06月28日

・株式会社エンジェリーベ

衣料品及び日用雑貨等の通信販売事業 グループ入り:2012年04月17日

・株式会社馬里邑

婦人服専門の企画、生産及び販売 グループ入り:2013年09月30日

・株式会社アンティローザ

婦人・紳士服の企画販売 グループ入り:2014年05月23日

・株式会社三鈴

婦人服、服飾雑貨の企画、製造及び販売 グループ入り:2016年04月28日

 

住関連ライフスタイル事業

・株式会社イデアインターナショナル

インテリア雑貨の製造卸・小売事業 グループ入り:2013年09月25日

・株式会社HAPiNS

各種雑貨商品の小売専門店及びフランチャイズ事業 グループ入り:2016年05月27日

・株式会社タツミプランニング

住宅新築、リフォーム及びメガソーラー事業 グループ入り:2016年02月23日

株式会社ワンダーコーポレーション

エンタテインメント商品・化粧品などの小売及びフランチャイズ事業、携帯電話、音楽ソフト・映像ソフトのレンタル事業、リユース事業、Eコマース事業 グループ入り:2018年3月29日

エンターテイメント事業

・SDエンターテイメント株式会社

ゲームセンター、映画及びボウリング等アミューズメント事業 グループ入り:2014年01月16日

・株式会社日本文芸社

書籍、雑誌の出版及び販売 グループ入り:2016年04月18日

 

以上です。

こう見てみると、2017年以降に買収した企業が非常に多いことがわかります。

 

これらの企業がしっかりと利益を出せる構造にあるのかを見極めることが大切になります。

ジーンズメイトなど黒字化に成功している企業もあれば、ぱどのようにいまだに赤字を脱出できていない企業もあります。

 

それぞれの企業のIR情報を確認して、グループ全体で成長の見込みがあるのかどうかみていくことが、RIZAP株を買うかを決断する上での肝になりそうです。

 

個人的に、一通り買収企業の経営状況をみた感じだと、

赤字続きの企業が多くまだ改革までは時間とお金がかかりそうである。

という印象です。

ただ、それぞれ経営改善に向けての対策は打ち出しているし、ジーンズメイトのようにうまくいっている例もあることから、買収を凍結している限りは数年で見たら必ずグループ全体の収益は上がりそうだなと思いました。

 

本当は日本株は買いたくないのですが、これからの逆転を見ていくという意味でもRIZAPの株は持っておいていいかなと思っています。

100円台まで落ちるかと思っていたのですが、自分は150円を割ったら買いをいれようかと思います。

 

では!

Take it easy.