hirolog

アメリカ留学中の20代が英語学習についての記事を書いていきます。とにかく今は英語と研究に命かけてます。

大学生がシリコンバレーを格安で観光してきたよ!【裏技あり】

こんにちは。hiroです。

 

先日サンフランシスコの南にあるシリコンバレーを観光してきました!

 

最先端のIT企業が集まる場所だけあって、グーグルの自動運転の車両が走っていたり、テスラ車の率が高かったりと時代の最先端を行っているような印象を受けました。

 

自分も行く前に、シリコンバレーに関するブログを色々見てみたのですが、シリコンバレーの観光に関する情報はそこまで多くはなかったので、この記事がシリコンバレー旅行の参考になれば幸いです。

 

自分が見て回った場所は、

Facebook, Apple, Standord University, Google, HP garageです。

computer博物館も回ってみたかったのですが、grayhoundというアメリカの格安バスが2時間も遅れたせいで予定が合わず断念しましたw

(greyhoundについていろいろ思い入れがあるので後にブログで書きます。)

 

どのようにして各所を廻るか?

この旅行を考える際に、候補として

 

1 HISのツアーに申し込む

2 レンタカーをサンフランシスコで借りてサンノゼまで移動、各所回る

3 サンフランシスコからサンノゼまでは電車で移動して、各所はUBERで回る

4 全て公共交通機関を使って移動する

 

という4つの選択肢がありました。

 

1は調べたところ2万円弱してしまうのでお金の無い大学生には難しいです。

2もよいのですが、保険なども含めるとレンタカーだけで1万~1万5千円はいってしまいそうな感じでした。

4は時間が膨大にかかります。それぞれの企業はかなり離れた位置にあるので、公共交通機関だけを使っていこうとすると車での移動の4,5倍はかかります。

そこで、ざっと試算したところ3のUBERでの移動が一番安く済み、かつ時間もかからないので効率的に回れると考え、これで行くことにしました。

 

ホテルに泊まる?Airbnb使う?

旅行前にはホテルも予約しなくてはなりません。

サンノゼのホテルは非常に高いです。

Booking.comで調べたのですが、どのホテルも1万円近くはしました。

また、そもそも大きな観光地ではないのでホテルの数も限られているということも値段が高い理由です。

ホテルに泊まるなら、サンフランシスコのホテルに泊まって日帰りでシリコンバレーを観光するのもありかもしれません。

 

以上の理由からサンノゼにはAirbnbで泊まることにしました。

値段は1泊5000円ほどで、部屋もきれいでなかなか快適だったので、非常におすすめです。

 

しっかりレビューを読んでホストが信頼できそうか、大きな注意事項はないかなどは必ず確認しておきましょう。

 

ついでに、今回のAirbnbのホストの方が非常に優しい方で、なんとシリコンバレーの各場所を車で連れて行ってくださいました!

なのでUBERを使って回ろうと思っていた費用が丸々浮いて非常にラッキーでした。(これが格安で観光できた裏技です笑)

 

ホストの男性はシリコンバレーで働いている方で、車に乗っている間はシリコンバレーの企業に関する色々な話を教えていただきました。

また、彼も台湾からアメリカに来て働いていたので、アメリカで働くことのメリットや最終的には自分の人生相談にも乗ってもらいました。

なんて優しいんだろう・・・w

 

そんなこんなでAirbnbにして正解でした!

一人旅の魅力は人との出会いです。現地の人の話を聞いてみたいという人はairbnbをチャレンジしてみることをお勧めします。

 

シリコンバレー周辺のホストの中には、時間があれば周辺を案内してくれる方もいるので、最初に聞いてみるといいかもしれません。

 

サンフランシスコ⇔サンノゼ

サンフランシスコの4th & King Stationという駅から電車が出ています。

片道8.25$でPalo Alto Stationという駅まで行けます。

 

サンノゼ周辺にはほかにもいくつかあるのでgoogle mapで自分の行きたい企業に近い駅を調べてみましょう。

 

Palo Alto StationはFacebookと、スタンフォード大学に近かったのでここで電車を降りることにしました。

 

スタンフォード大学の敷地までは1kmほどなので歩いても15分ほどで行けます。

 

スタンフォード大学

f:id:hirolog426:20180828060814j:plain

 

とても広くてきれいな大学です。さすが名門大学、歴史と風格を感じさせる建築物がたくさんありました。

キャンパス内を歩いているだけでも十分楽しめます。

 

Stanford Bookstore

f:id:hirolog426:20180828061026j:plain

 

Stanfordと名の入ったあらゆるグッズが売っています。

本来は本屋なので2階はちゃんと本も売っています。また、椅子に座ってくつろげるカフェも併設されています。

ジャージ買ってスタンフォード生気分を味わいたかったのですが、値段が少し高かったのでやめましたw

ペンなどの文房具を買ってここはさらば。

 

Hoover Tower

f:id:hirolog426:20180828061625j:plain

 

Stanford graduate school of business

f:id:hirolog426:20180828061928j:plain

電光ボードにいろいろなワードが現れては消えていきます。

なんかおしゃれや。。

 

時間もなかったのであとは周辺を散歩してスタンフォードをあとにしました。

 

Stanford visitor centorでは学生がツアーを行っているようなので時間があったら参加してみるといいと思います。

 

ここからはAirbnbのホストの方と合流して、車で連れて行っていただきました。

 

Facebook

f:id:hirolog426:20180828062441j:plain

有名な1 hacker wayサイン。思ったよりも小さいんだけど。。

 

f:id:hirolog426:20180828062446j:plain

本社はカラフルなたくさんの建物から成り立っています。

 

Apple

f:id:hirolog426:20180828062755j:plain

iPadを用いたARです。

画面をタップすると建物の中の様子も確認できます。

さすが、アップル。かっけえ。

 

f:id:hirolog426:20180828062940j:plain

たくさんの人でにぎわっていました。Apple製品をここで購入することも可能です。

 

f:id:hirolog426:20180828063020j:plain

屋上には休憩できるおしゃれスペースもあります。

 

Google

f:id:hirolog426:20180828063333j:plain

Googleの敷地めっちゃ広いです。

関係者以外は建物の中には入ることができないので周辺を廻る感じになります。

f:id:hirolog426:20180828063338j:plain

なにやら、大きな建物が建築中でした。

 

HP garrage

f:id:hirolog426:20180828064109j:plain

ここが、シリコンバレーが生まれた場所です。

f:id:hirolog426:20180828064113j:plain

こんな小さなガレージからシリコンバレーが生まれたのですね!

 

まとめ

他にもテスラやAmazonIKEAなどの企業などたくさんの企業を見て回ることができました。外観だけですがw

コンピューター博物館に行けなかったのはちょっと心残りですが、限られた時間でシリコンバレーを存分に楽しむことができました。

 

シリコンバレーでは、自動運転車の試験、グーグルカーが走っていたりと最先端の都市であることを感じる場面がたくさんありました。

 

これからもシリコンバレーから社会の貢献する大企業が生まれてくることに期待です。

 

皆さんもぜひ一度、世界の最先端を見にシリコンバレーに遊びに来てみてください。

 

それでは、以上です!

Take it easy.