hirolog

アメリカ留学中の20代が英語学習についての記事を書いていきます。とにかく今は英語と研究に命かけてます。

【留学を迷っている人へ】成長のカギはリスクを取ることである

f:id:hirolog426:20180828050557j:plain

人は大きな挑戦をするか・しないかを選択する際に、すごく悩むと思います。

 自分もこれまでの人生で幾度かそのような経験がありました。

 その際に意識していたのが、リスクという考え方です。

 この挑戦にはどれだけのリスクが伴うのか、一方で得られる事は何なのかを常に比較して選択してきました。

 

それは留学を選択した際も同じです。

 

挑戦するか・しないか迷っている人はこの考え方で留学についても考えてみてほしいと思います。

 

そもそもリスクとは?

 

そもそも、リスクを取ることは成長することだと思っています。

 

リスクとは

将来のいずれかの時において何か悪い事象が起こる可能性

 のことです。

 

悪いことが起こるかもしれないけどやる。

その悪いことが大きければ大きいほど、大きなリスクとなります。

 

ではなぜ、リスクを取ることが成長に繋がるのか。

 

それは、悪いことが起こる可能性がある分、良いことが起こる可能性もあるからです。

 

逆に、成長するためにはリスクを背負い続ける必要があると考えています。

 

それでは自分が留学をした際に考えていた事をまとめてみたいと思います。 

 

留学はリスクを伴う

留学って実はリスクが伴います。

リスクとはとらえていないかもしれないですけど、リスクなんです。

例えば、留学をするために休学をしなければいけないかもしれません。他の人より遅れをとることになるかもしれません。

また、留学するにはお金が必要です。それを準備するためにバイトするなどして時間を犠牲にしなければならないかもしれません。

 

でも、それ以上に成長すればいいんです。

つまりこの場合の起こる悪い事態=リスクとは、お金と時間をかけて留学に行ったのにもかかわらず自分の成し遂げたいこと(例えば英語力を上げるなど)が達成できないことを指します。

 

なので留学をするという選択をする際には、最悪の事態=リスクを想定しつつ、自分はそれでも挑戦してみたいか、それを乗り越えて成長できるのかを考えてみるとよいと思います。

 

自分は何かを留学で得るという強い意思を持っている人にとって見れば、大した問題ではないのかもしれません。

 

自分はたまたま交換留学という形で行けたので、休学する必要はありませんでした。

自分が背負ったリスクは、以下の通りです。

 

1お金がかかる

2日本でこの期間挑戦したいことがたくさんあった

3日本で研究した方が成果を出せる可能性が高かった

 

1についてはどの留学でも言えると思います。

奨学金はもらえたものの、それでもお金はかかりました。

お金を貯めるために働いた時間も一種のリスクでした。その時間を使ってより有益なことができていたかもしれない。

ただ、これは先行投資だと割り切ることにしました。

何をするにしても最初はお金がかかるし、あとからお金に関するレバレッジはいくらでも効くことは分かっていたのでこれに関しては潔く負うことにしました。

 

2については悩みました。

昨年の冬から仕込んでいた事業があり、留学に行くとなると一旦中断せざるを得なかったからです。

一気に突っ走ってやりきりたい気持ちもあったのですが、留学後にもう一度練り直してやろうということで自分を納得させることにしました。

今年の冬から再開します。

 

3についても悩みました。

せっかく研究するからには結果を出したい。結果を出していた先輩、本気で研究に取り組んでいた先輩は国内に残って研究をしていました。

それを見ていたので、日本についても考えていました。

ただ、それも一種の言い訳な訳で、海外でも本気で取り組めば結果だって出せるはずと考えることにしました。

 

以上が自分が背負ったリスクです。

 

それに対して、

アメリカ留学することで英語力が上がる

世界に友達ができる

海外で暮らす経験ができる

様々な挑戦ができる、、

 

考えてみたら、圧倒的にメリットの方が大きかったんです。

 

正直なことを言うと、留学に行くと決意するまではそこまで英語が得意ではなく、不安な事だらけでした。

 

そこから英語をコツコツ勉強しなければならなかったし、たくさんの面倒な手続きをする必要がありました。

 

でもリスクと対比して、得られるものを考えた時に圧倒的に「お買い得だな」って思ったんです。

 

周りの友達は海外に興味ない人も多かったし、日本で楽しく暮らしている様子をSNSで見たりしてたまに寂しくなったりもしましたが 、この選択は間違ってなかったと思います。

 

自分の場合、休学する必要がなかったという意味でリスクを負っていないと思われるかもしれませんが、ぶっちゃけ休学してでも来てたと思います。

それだけ、学べる事が本当に多い。

 

長い人生一年くらい少し道から外れる事があったっていいんです。

 

 

挑戦には常にリスクを伴いますが、その際には

「いったい何がリスクなのか」

「挑戦することで何が得られるのか」

をしっかり比較して頭を整理して見ましょう。

 

挑戦した方がお得だし、楽しそう!って思えたなら留学を躊躇する理由はもはやありません。

 

果敢に挑戦してみてください。

 

以上、留学中のアメリカからでした。

 

では。Take it easy!