hirolog

アメリカ留学中の20代が英語学習についての記事を書いていきます。とにかく今は英語と研究に命かけてます。

アメリカ人の彼女と1か月付き合って分かった3つこと

f:id:hirolog426:20180830112816j:plain

(※画像はイメージです笑)

 

たまには勉強とはかけ離れたクソどうでもいい記事を書きたいと思いますw

 

こっちに来てからちょうど一か月たったタイミングで、アメリカ人の彼女ができました。

 

アメリカ人の彼女を作ることは、人生で一度は体験してみたいと思っていたことでした。

今まで日本人としか付き合ったことがなかったので、単純に外国人と付き合うってどんな感じなんだろうという好奇心がすごくありました。

 

また、英語の一番の上達法は外国人と付き合うこと!っていう話を聞いたことがあったので、実際上達するのだろうかと。

 

 

まあそんなこんなで、付き合ってから大体1か月がたったわけですが、色々わかったことがあったのでそれを記事にしてまとめてみたいと思います。

 

褒める文化

すごい褒めてくれます。

それが嬉しいので、自分も相手の良いところを見付けて褒めるようにしています。

 

彼女に限った話ではなく、アメリカ人はとにかく褒め上手です。

 

例えば、道を歩いていていきなり、通りすがりの人が

「そのドレス素敵だね!僕好きだよ」

みたいに褒めちゃうんです。

 

それもお世辞とかじゃなくて、本音で思っているからこそパッと出てくるんだろうなって。

 

彼女と一緒に本屋行ったときも、店員さんのネイルがきれいで褒めていました。

 

褒められて嫌な気持ちがする人っていないんですよね。

だから、アメリカではいいなと思ったことは躊躇せず口に出す。するとお互いに良い気持ちになれるし、そこから会話が始まることだってある。

 

アメリカに来ていいなって思った文化の一つです。

 

スラングをたくさん覚える

 

彼女のおかげ?でたくさんスラングを覚えました。

 

親しい仲とは切っても切れないのが、スラング

あまりいいイメージを持っていない人もいるかもしれませんが、実はコミュニケーションにおいてはとても大事です。

 

なぜならスラングは笑いを生むから。

日本でいうツッコミみたいな感じで使うと仲を深めることができますよ。

 

例えば彼女はよく自分に"Bullshit!"って言います。

まあいつもふざけたことってるからなんですけど。

 

日本語でいうと嘘つけ!って感じなんですけど、

相手がちょっと冗談っぽく言ったときに使うと、ツッコミみたいになって笑いになります。

 

あとは、I'll kick your assとか。

If you get sleep, I'll kick your assとか冗談で言ったりします。

 

スラングについて有名なものしか知らなかったので、勉強になるしとても面白いです。

 

日本について考える

 こちらの生活のことを色々聞いていると、日本と比較して日本の良さが見えてくることがあります。

 

例えば、彼女は高校を出て、今一年間働いている最中で、その後大学へ進学する予定です。

というのも彼女の家を含め、ほとんどの家庭において学費・家賃・生活費は子供が自分で出しているからです。(奨学金など含め)

 

それを考えたら自分は本当に親に感謝しなきゃいけないなと。

親と生活して、学費も出してもらって、親への感謝は留学に来てから身に染みて感じるようになりました。

 

あともちろん、日本の医療についても。

アメリカでは保険に入っていたとしても、医療費が異常に高いです。

彼女は今度軽度の虫歯の治療をすると言っていたのでいくらか聞いたら、300ドルだと。

日本だと1万円しないくらいだから、高いですね。

 

救急車を呼ぼうものなら、平気で100万円かかることもあるそうです。

だからお父さんから、本当に死にそうになった時以外は救急車は呼ばないよう言われているそうです。

 

 

また、彼女もその一人なのですが、日本が好きな人・日本に興味がある人って想像以上に多いなと感じました。

 

彼女は日本に関する動画をYoutubeで見るのが好きでこれって本当にそうなの?としょっちゅう聞いてくるのですが、

外国人向けに作られた日本に関する動画の再生回数が多い!

100万回もざらにあります。

 

友達にも日本のマンガが好きな人多いし、本屋に行っても日本のマンガたくさん置いてあります。

 

日本ってこんなに人気だったんだと驚きました。

 

まとめ

ってなわけで、ちょっと思ったことを書いてみました。

まだ1か月しかたってないんで、お互い全然わからないことも多いし、miscommunicatoinも絶えません。

 

でもできるだけ平易な英語をつかって、聞き取れなくてもわかるまで教えてくれる彼女には感謝しています。

 

意志疎通に関しては、勘違いされてしまうことも多いので一生懸命説明しなければならず、それによって日々英語は鍛えられているかなって思います。

 

毎日が刺激的で、充実したものにしてくれている彼女には感謝。

 

アメリカ人の彼女の作り方については、いずれ需要があれば書きます。

 

 

では、こんなどうでもいい記事を読んでくれてありがとうございました。

Take it easy.